臭いおなら・便秘・宿便も解消!ごぼう茶で腸内リセット

恥ずかしながら…わたくしSelmaは臭いおならに悩んでいる時期がありました。そんな時、母からごぼう茶がいいよ、という話を聞きました。わたしが実際にごぼう茶で腸内をリセットすることできた結果、臭いおならから解放されたので、今回はごぼう茶についてご紹介します。

臭いおならに悩む…

汚い話ですが、今までは家族の集まる空間で密かにおならをしてもにおいがしないからバレない、なんてことはよくありました。が!!ここのところ、どうもおならが臭くて…おかしいなぁと悩んでいました。わたしはほぼ毎日便通があります。なので、便秘体質ではないという自覚でした。そして、臭いおならが出ることがごくたまにあるのですが、そんな時は食べ過ぎたり、便通がない日があったりという状況でした。わたしの認識としては、腸内に不要なものが溜まると、臭いおならが出るのかな?という感じでした。

宿便が原因かも?

ところがある時期、毎日快便で食べ過ぎたりしていないのに、おならをするたびに臭い…ということが続いたので、密かに悩んでいました。

腸内の不要物=宿便が原因なのかのかも!という結論に達し、どうすれば宿便が出てくるんだろうと考えるようになりました。そんな時に母から「ごぼう茶がいいよ」と言われたんです。

母が勧めてくれた「あじかん・焙煎ごぼう茶」

実家に行ったときに「最近臭いおならが出ちゃうんだよねー、腸内に宿便が溜まってるのかも」なんて話をしたら、母が「これを飲んだらいいよ!毎朝、気持ちがいいくらい立派なのがでてきてくれるんだから!」と【あじかん・焙煎ごぼう茶】をくれたんです。広告などでも見たことがあるなぁと思い飲んでみることに。

さてその効果は…

さっそく飲み始めてみましたが、母の言うとおり快便を実感!安定して、ちょうどいい固さで出てきてくれます(笑)なにより、あれだけ悩まされた臭いおならから解放されました!やったー!!

あじかん・焙煎ごぼう茶とは?

TVや雑誌などにも数多く出演していて、一日一食健康法などで知られる南雲先生が監修されたという、あじかん・焙煎ごぼう茶。安心の国産で全国一の生産量を誇る青森県産と茨城県産ごぼうを100%使用。皮も剥かず、あく抜きをしていないごぼう本来の栄養がぎゅっと詰まった、おいしさを逃がさない特許製法で作られているそうです。

飲み方

ティーバッグになっているので、飲み方は簡単。以下のいずれかの方法で楽しめます。

煮出しの場合

やかん1~1.2ℓの水とティーバッグ1包を入れて沸騰後、3分ほど煮出します。

水出しの場合

700~800㏄の水にティーバッグ1包を入れて2時間ほど置けばOK。お好みで冷蔵庫で冷やしても。

カップの場合

カップにティーバッグ1包を入れ沸騰したお湯を150~200㏄注ぎます。2分くらい置くと飲み頃。何度か使ってもOKですし、急須に入れてもいいです。

気になるそのお味は?

わたしの想像よりもごぼうの味が強くなく、ほんのりごぼうの香りがする程度。何のお茶か知らずに飲んだら、ごぼう茶とはわからないかも。甘みと香ばしさが程よくとってもおいしいです!クセがなくて飲みやすいので、おいしく続けられそう!むしろ、この味がクセになりそうなくらい!

茶殻も使える!

お茶として楽しんだ後の茶殻は、お料理にも使えます!炊き込みご飯に入れたり、茶殻入りの煮物やカレーに投入なんて使い方もできます。

ごぼう茶の効果

ごぼう茶には女性にとって、とても嬉しい効果がたくさんあります。

水溶性食物繊維

ごぼうにはイヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維が多く含まれています。水溶性食物繊維は身体の中で水に溶けて粘着性のある成分になり、腸内にある老廃物をゆっくりと外に出す働きがあります。また、腸内で栄養素の吸収速度を緩めるため、急激な血糖値の上昇を抑えることができます。不要なものを体内に貯めないようにすることで、ダイエット効果が期待できます。

ポリフェノール

ごぼうにはサポニンと呼ばれるポリフェノールが多く含まれています。サポニンは脂肪やコレステロールに吸着し排出する手助けをしてくれます。また、老化の原因となる酸化を防ぐ抗酸化作用があります。抗酸化作用により、アンチエイジングや動脈硬化、ガン予防の効果が期待できます。

便秘やおならに悩んでるなら試してみて!

こんなにもおいしく飲みながら、悩みが改善されたので大満足。紹介してくれた母にも感謝です。もしも便秘や臭いおならに悩んでいるならぜひ試してみてください。【あじかん・焙煎ごぼう茶】なら、おいしく続けられますよ。ネットで簡単お試しサイズの申し込みができます。ティーバッグのヒモあり・ヒモなしから選べるのもおすすめのポイント。わたしと同じ悩みを抱えている方はぜひ!

おすすめの記事