第4のチョコレート、ルビーチョコレートってどんな味?効果や購入方法、価格は?

今年もバレンタインの季節がやってきましたが、近頃よく耳にする「ルビーチョコレート」。みなさん、口にしたことありますか?その名のとおりピンク色をしていて何とも華やかな見た目です。第4のチョコレートとして話題になっている、ルビーチョコレートの全貌を解明していきましょう。

第4のチョコレートって?

チョコレートは

・ダークチョコレート

・ミルクチョコレート

・ホワイトチョコレート

と3種類に分類されています。ルビーチョコレートはそれらに次ぐ、第4のチョコレートと位置づけされています。かつてネスレがホワイトチョコレートを発表して以来、約80年ぶりの新たなカテゴリーの開発ということで、チョコレート業界は大いに盛り上がりを見せています。

スイスのチョコレートの製造、販売会社のバリーカレボーから2017年に発表されたルビーチョコレート。 バリーカレボー は、およそ13年の歳月をかけて研究開発を行い、2017年にようやく発表に至りました。

バリーカレボーは日本では一般にあまり馴染みがないものの、世界有数のチョコレートの製造、販売会社です。日本でも多くの製菓会社にチョコレートの原料を提供しています。

ルビーチョコレートのピンク色

一見するとイチゴやラズベリーのチョコレートのようなピンク色をしていますが、このピンク色は着色や添加物などが配合されているわけではありません。ルビーチョコレートの原料は、ルビーカカオという天然のピンク色とベリーのようなフルーティな甘酸っぱさを持つカカオ豆。このルビーカカオの色そのままの天然色なんです。驚きですね!

ルビーカカオは、南米エクアドルやブラジル、西アフリカのガーナやコートジボワールなどで多く栽培されています。

さて、そのお味やいかに?

見た目から、何となくベリー系の味を想像してしまいます。さてそのお味はというと、爽やかな酸味があり、まるで本当のベリー系のチョコレートのよう。本当にストロベリーやラズベリーが入っていないのが信じられないほど!他のダークチョコレート系と比べて苦みや香ばしさはほとんどなく、後味がすっきりしています。普通のチョコレートが苦手な方にも受け入れられそうな味わいです。

ルビーチョコレートの効果

ルビーチョコレートには普通のチョコレートと同様の効果があります。

カカオポリフェノール

チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれており、アンチエイジングや美肌効果、高血圧や動脈硬化、認知症にも効果があることがわかっています。

カカオポリフェノールには、肌の老化原因のひとつである活性酸素を抑制する働きがあり、美肌効果が期待できます。

また、血管を広げる作用があるため、高血圧症のかたは血圧の低下にも効果が期待できます。

さらに、体内に生じる活性酸素によって、コレステロールが酸化することで動脈硬化の原因にもなりますが、カカオポリフェノールによって酸化を抑えて動脈硬化予防にも効くとされています。

人間の脳は加齢とともに認知機能が低下します。カカオポリフェノールは脳の栄養であるBDNF(海馬脳由来神経栄養因子)に働きかけ、認知機能を高める効果が期待できます。

カカオプロテイン

カカオプロテインは難消化性のタンパク質で大腸まで届き、便のかさを増加させて排出してくれるので、腸内環境が整います。腸内環境が整うと代謝がアップし、ダイエットや美肌効果が期待できます。

どこで買えるの?価格は?

ルビーチョコレートは、2018年1月からネスレが独占販売をしていましたが、その後他のメーカーでも販売されるようになりました。

販売が始まった当初は希少でしたが、今はコンビニやスーパーでも購入することができるでしょう。またネット通販でも様々な商品を見ることができるようになりました。ルビーチョコレートそのものや、ルビーチョコレートを使ったスウィーツまで色々な商品があります。

とはいえ、まだまだ供給量は少ないため、価格は普通のチョコレートに比べ2倍~数倍と高めの設定になっています。

話題のルビーチョコレートをぜひ一度試してみて!

話題の第4のチョコレートといわれている、ルビーチョコレートの全貌。華やかな色合いと、いままで経験したことのない味わい。今年のバレンタインのプレゼントにチョイスしてみるのもいいかもしれません。まずはあなたの口で試してみてはいかがですか?



おすすめの記事