子供のおねしょ!焦らず付き合って!

おねしょで悩まないで

子供のおねしょで悩んでいる親御さんは多くいらっしゃるかと思います。『布団を濡らされた!』など朝の忙しい時間に手間が増えたり…。ついつい怒れてしまうことがあるかもしれません。まずはおねしょについて理解を深め悩むことをやめることをお勧めします。

【おねしょ】と【夜尿症】の違い

【おねしょ】と【夜尿症】の違いのポイントは年齢。乳幼児期は【おねしょ】といいますが、5歳以降も月1回以上のおねしょが3か月以上続く場合【夜尿症】と定義されています 。

5歳以降もおねしょが続くと親として少し焦ってくるのが心情ではないかと思います。いつまでオムツを履かせておいたものかと悩むところではないでしょうか。

【夜尿症】の原因

夜尿症の原因として大きく2つあるとされています。

①【多尿型】夜間の尿量が多いタイプ

多尿型は、就寝前の水分のとりすぎや、睡眠中に生成されるおしっこの量を減らす抗利尿ホルモンが不足していることが考えられます。

②【膀胱型】 膀胱が小さく多量の尿が貯められないタイプ

膀胱型は、膀胱が硬くて大きく膨らまない状態が考えられます。

【夜尿症】であれば受診することも有効

上記のいずれの場合も受診をすると原因を特定し薬の処方による治療ができます。

まずは自宅で就寝前に使用前の紙オムツの重さを量ります。それを一晩はかせて、起床後におしっこを吸収した紙オムツの重さを量ります。使用後から使用前の重さを引き、尿量を把握できます。把握したうえで病院を受診し、医師に状況を伝えると治療がスムーズに進むでしょう。

【多尿型】の場合は、 睡眠中に生成されるおしっこの量を減らす抗利尿ホルモンが不足していることが考えられるため、このホルモンを補う薬が有効です。【膀胱型】の場合は膀胱が硬く、大きく膨らまないことで就寝中の尿が貯められないので、膀胱を柔らかくする薬が有効です。

治療期間は薬の服用を開始してから、短くても2週間、長い場合は3カ月くらいかかるのが一般的なようです。また、泊りがけの学校行事などがある場合は早めの受診をして対処することをおススメします。

夜尿症が子供に与える影響

あるデータでは大人になっても夜尿症が改善されないケースもあるようです。あくまで本人にプレッシャーを与えないことが何よりも大切です。夜尿により本人が自信を無くしてしまい、心理面や生活面で影響が出てしまうことは避けなくてはなりません。

夜尿は自然に治っていくことがほとんどなので、気長に親御さんがつきあってあげることが何よりの対処なのです。

また、おねしょしないようにと夜間起こしてトイレに行かせることも良いことではありません。子供の眠りを妨げ、成長ホルモンの分泌などに悪影響を及ぼす恐れもあります。

fujikamaによるPixabayからの画像

親が焦らないことが何よりも大切!

うちの子はいつまでおねしょをし続けるんだろうと焦る気持ちもわかりますが、必ず改善すると信じ、子供にプレッシャーを与えないよう心がけましょう。

【夜尿症】と病名もあり、病院での受診もできますので気軽に相談することをおススメします。


おすすめの記事