超おすすめ!ボリューム満点!もやしのお好み焼きで食費を節約

長梅雨で野菜が高騰していますね。できれば食費は節約したいところ。そこで大活躍してくれるのが「もやし」。もやしは安くて栄養たっぷり、家計の救世主的存在ですよね!そんな「もやし」をメインに使った、超おすすめのボリューム満点「もやしのお好み焼き」のレシピをご紹介します。

もやしで食費を節約するときのポイント3つ

わが家では、息子2人(11歳・6歳)の食べる量が日に日に増えていて、じわりじわりと家計を圧迫しつつあります。よく食べるのは大いに結構!喜ぶべきことです。が、、、そんな生活の中で毎日節約とはいいませんが、たまに節約デーを作り、うまく食費をコントロールできるといいなと考えています。そこで活躍してくれるのが「もやし」。わたしが日々の献立の中にもやしを取り入れるときに気を付けているポイントは3つあります。

① バリエーションは豊富に

たくさんのバリエーションで、飽きさせないよう気をつけています。どんな味付けにも合うもやしですから、ナムルやスープ、炒め物など、あの手この手で楽しんでいます。

② 週に2回まで

もやしが安いからといって、しょっちゅう登場すると飽きてしまうので、出しても週2回までとしています。わたしの経験上、週2回では「またもやしー⁉」とは言われません!

③ もやしの購入は午前中狙いで!

仕事帰りにスーパーでもやしを買って帰ろう、なんて甘ーい!もやしはほぼ、夕方までには売り切れてしまいます。できれば午前中に買い物に行けるときに調達をして、傷むのも早いので、その日の献立の中で使い切ります。

ボリューム満点!
もやしのお好み焼きの作り方

簡単で、育ち盛りの子供も大満足で喜んでくれる、もやしのお好み焼きの作り方をご紹介します。ボリューム満点、栄養満点です!

材料

・もやし    ・・・    3袋

・ネギ     ・・・    1本

・干しエビ   ・・・    30g

・たまご    ・・・    5個

・煮干し粉   ・・・    大さじ2

・水      ・・・    1カップ

・薄力粉    ・・・    100g

・お好みソース・マヨネーズ・かつおぶし・青のり   ・・・  おこのみで適量

※煮干し粉を入れるのがポイントです。煮干し粉や干しエビには、育ち盛りの子供にたくさん摂らせたい、カルシウムが豊富に含まれています。

煮干し粉の他の記事はこちら

作り方

①ねぎを切り、材料をボウルに入れ混ぜる

※なかなかの量なので、大きなボウルに入りきらず、大きめの鍋に入れて混ぜ合わせています。

②混ざったら、熱したフライパンに油を敷き、強火で焼く(直径30cmのフライパンで、3回分の量です)

③すぐにフタをして蒸し焼きにする

⑤フタに蒸気が充満して、フタの水滴がフライパンに落ちて、ジュウジュウと音がしたらひっくり返す

⑥フライ返しで少し押し付けながら焼く。焼き色を見て、焼き目がついたらお皿に盛り付ける

⑦お好みで、ソース・マヨネーズ・かつおぶし・青のりなどをかけて完成。

※醤油やポン酢でもおいしくいただけます。

時短・超簡単・手間いらずなので作ってみて!

お好み焼きといえば「キャベツ」ですが、キャベツだと千切りにする手間がかかります。一方、もやしは袋から出して洗えば、すぐに使えます。包丁を使わずに調理できるのはポイントが高いです。混ぜて焼くだけでおいしいお好み焼きができてしまいます。フライパンが面倒であれば、もちろんホットプレートで焼いてもいいですね。今回のレシピはネギのみ包丁を使いますが、本当に手間いらず。短い時間で、お子様が大喜びのボリューム満点のメニューがあっという間にできてしまいます。ぜひ一度お試しください。

おすすめの記事