身体にいい砂糖選び!おすすめ5選

砂糖を常備している家庭が大半だと思いますが、みなさんどんな砂糖を使っていますか?毎日のように使う、料理にお菓子作りに欠かせない生活必需品ともいえる砂糖。わが家では、次男がアトピー体質であるため、なるべく体にいいものを摂取するよう心がけています。しかも、全員甘党のわが家でも使っているおすすめの砂糖5選をご紹介します。

①てんさい糖

てんさい糖は、てん菜(ビート・砂糖大根)から作られる砂糖です。てんさい糖にはミネラル成分やオリゴ糖が多く含まれています。オリゴ糖は胃や小腸で吸収されることなく大腸まで届き、ビフィズス菌のエサとなります。そのため、大腸が活性化し便秘の解消や・免疫力アップなどの効果が期待できます。

また、てんさい糖は糖質の吸収度合を示すGI値が低く、の吸収度合を示すGI値が、白砂糖が「109」に対して てんさい糖は「65」と低く、食後の血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。糖尿病予防にも効果が期待できますね。 

主に料理などに使うのはこちら

↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

てんさい糖 650g
価格:400円(税込、送料別) (2020/1/15時点)


②てんさい糖 粉末タイプ

色が白く、粉末状になっているこちらはスポンジケーキなどのお菓子作りに最適です。

↓ ↓ ↓


③黒糖

黒糖はサトウキビの絞り汁を煮詰めて、水分を蒸発させて固めたものです。黒糖と黒砂糖と呼び方は違いますが、同じものとして消費者庁でも扱われており、固形か粉末か商品によってさまざまです。

一般的に多く使われる白砂糖は精製過程で不純物を取り除いて作られます。黒糖は不純物を取り除く前の状態なので、ミネラルなどを多く含んでいます。特にカリウムやカルシウムを多く含んでいるため、成長期の子供の栄養補給や骨粗しょう症予防にも効果が期待できます。

子供はアメが大好きです。わが家ではアメ代わりに黒糖を常備しています。大好きな波照間島産の黒糖です!

↓ ↓ ↓


④きび砂糖

サトウキビを白砂糖にするまでの精製途中の砂糖液を煮詰めて作られるのがきび砂糖です。黒糖に比べると苦みや独特の風味が緩和され、クセがないのが特徴です。ミネラル成分やうま味成分も十分に残っています。

クセが少なく粉末タイプなので、お菓子作りなどにも最適です。まとめ買いしてストックしてます!

↓ ↓ ↓


⑤メイプルシュガー

サトウカエデという木の幹から取れる樹液からできるのが、メイプルシロップです。 メイプルシュガーはメイプルシロップを煮詰めて、水分を蒸発させて粉末状にしたものです。ビタミンやミネラル分を多く含み、活性酸素から身体を守る抗酸化物質のポリフェノールも多く含んでいます。

他の砂糖に比べるとお値段が高めですが、メイプルの風味を存分に楽しめます。乳製品との相性抜群!ヨーグルトに入れたり、メイプル風味のお菓子作りには最適です!本当に、香りが最高で病みつきになります!

↓ ↓ ↓


生活に欠かせない砂糖

わが家は全員甘いものが大好き。かといって甘いものばかり摂取していると肥満やアトピーの悪化、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まります。どうせ摂るなら身体によいものをおいしく適度に!その手助けとして砂糖選びはとても重要だと思っています。用途に合わせて今回紹介した砂糖を常備し、日常で活用してみてはいかがですか。

おすすめの記事