アトピー性皮膚炎の症状改善をめざせ!

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹が起きる病気です。アトピー性皮膚炎では、皮膚の【バリア機能】(外部からの刺激、乾燥などから体の内部を保護する機能)が低下している状態であることが分かっています。そのため、ばい菌や刺激が入りやすく、これらが免疫細胞と結びつくことで、アレルギー性の炎症を引き起こします。掻くことによりさらにバリア機能が低下するという悪循環が生じます。

アトピー性皮膚炎の原因

日本人の30%がアトピー素因を持っているといわれており アトピー性皮膚炎の原因は一つではありません。遺伝的要因・環境的要因・心理的要因・摂取要因・吸引要因などさまざまです。アトピー性皮膚炎は多因子性の疾患であり、原因の特定は困難であるのが現状です。


遺伝的要因として、病院受診時は血縁家族のアレルギー性疾患の有無を問われることも多々あります。

環境的要因として、明治・大正時代にはなかったとされるアトピー性皮膚炎が近年急増している、 大気汚染や化学物質の体内蓄積なども要因のひとつです。

心理的な要因として、受験や進学、就職、転勤、失恋といった心理的なストレスで発症するケースも見られます。

摂取要因として、 乳幼児は腸管未発達によるさまざまな食物、例えば乳製品などの消化不良が原因とされています。また食品添加物や残留農薬の影響もあるようです。

吸引要因として、カビの胞子やダニの屍骸、花粉やホルムアルデヒドの吸引による発症も原因のひとつです。

最近の研究結果でわかってきたこと

慶應義塾大学医学部の研究チームがマウスを使った研究で突き止めた結果として、多種多様な細菌が存在する皮膚表面のバランスが崩れ、黄色ブドウ球菌が異常に増えるとアトピー性皮膚炎が発症するそうです。

アトピー性皮膚炎の対処方法

まずは皮膚を清潔に保ち、乾燥によってかゆみを引き起こすため、保湿をしてあげることが有効です。

ただ、かき壊して皮膚がジクジクしている状態になった場合は病院でステロイド剤を処方してもらい症状を落ち着かせることが先決です。

アトピー性皮膚炎と上手に付き合う

アトピー性皮膚炎は体質などにより完治を目指すことは難しいのが現状ですが、上手に付き合っていくことはできます。保湿や薬を適宜用いなるべく症状を悪化させないことが何よりの対処です。

おすすめの記事