小学校でプログラミング教育必修化!内容を知って備えよう

いよいよ2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化します。わたくしSelmaも小学生の子を持つ親として、非常に関心があります。ですが、現状ではプログラミング教育がどのような内容なのか、わたくしも含めいまいちピンとこない方も多くいるのではないでしょうか。改めてプログラミング教育についての知識を備えておきましょう。

そもそもプログラミングって何?

プログラミングという言葉はよく聞くけれど…。いまいち理解できていない方は、意外と多いのではないでしょうか。「プログラミング」とは「プログラム」を作る作業のことをいいます。

プログラムとは?

基本的にはコンピューターは指示されないと何もできません。プログラムとは、コンピューターに実行する順番を指示することです。発表会や入学式などの催し物で、「プログラム」がありますよね。要はそれと同じで、何を行うのかを示すことなんです。

プログラムを、人間に自転車の乗り方を教えることに例えてみましょう。「自転車にまたがり、右のペダルに足を乗せて踏み込む。次に左のペダルに… 」というように教えますよね。同じように、コンピューターに指示を与えてあげることがプログラムです。

プログラムは、コンピューターが理解できる言葉で指示する必要があります。コンピューターが理解できる言葉のことを「プログラミング言語」といいます。

プログラミング教育とは

2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育とは、【プログラミング的思考】を育てる教育のことです。

プログラミング的思考とは

自分が意図する一連の活動を実現 するために、どのような動きの組合 せが必要であり、一つ一つの動きに 対応した記号を、どのように組み合 わせたらいいのか、記号の組合せを どのように改善していけば、より意 図した活動に近づくのか、といった ことを論理的に考えていく力。

文部科学省ホームページより

プログラミング教育のねらい

プログラミング教育では、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということなどを体験しながら、以下の3つの能力を育成することを「ねらい」として掲げています。

①プログラミング的思考(思考力、判断力、表現力等)

プログラミング的思考を育てるためには、理論的思考力を身につける必要があります。コンピュータープログラミングなどを体験する中で、複数の状況を結び付けて、新たな道を見つけ出すことや、問題点の発見や解決に導く力を育む。

知識・技術の習得や学びに向かう力、人間性等を育む

身近な生活でコンピューターが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くことができるようになる。さらにコンピューターを実社会で生かそうとする人間性を育む。

③各教科での学習を確実なものにすること

各教科の中でプログラミングを導入することで、学習の効率化を図る。

プログラミング教育のポイント

まず重要なのは【プログラミング教育では、プログラミング言語やプログラミングの技能を習得したりすることは、ねらいとしてはいない】ということです。

また、プログラミングという教科や科目が新たに制定されるわけではありません。 既存の教科や総合の時間などでプログラミング的思考を養うというものです。

プログラミング教育ではプログラミング言語などを学ぶわけではないため、パソコンを使わずとも実践することができるのです。

要するに「論理立てて説明する」「説明が端的にできる」「試行錯誤しながらか解決していく」 ということを身につけていくことをプログラミング教育の目的とするということです。

例えば、 家庭科でカレー作りを学ぶときにも、プログラミング教育を絡めて学ぶことができます。授業の中でカレー作りを行うには、グループの中で役割分担を決めたり、道具や材料を用意し、限られた時間の中で完成に至らなければなりません。どのように分担するのか、誰が何をするのか、時間配分を考えることなどが、まさにプログラミング的思考なわけです。このようにプログラミング的思考は、決して特別なものではないのです。

プログラミング教育必修化の重要点

プログラミング教育必修化のポイントなどについて理解できましたか?みなさんが勘違いしがち重要点を要約すると以下のとおりです。

①プログラミング教育ではパソコンやタブレットを使って学ぶわけではない

②プログラミング言語のを覚えたり、使い方を覚えるわけではない

③プログラミング教科ができるわけではない

この重要点を知っているだけで、親として戸惑うことはなくなるでしょう。プログラミング教育でのねらいなどをしっかりと知って、備えておくことは重要だと思います。今まで漠然としていたイメージが明確になりましたか?これで2020年度からのプログラミング教育に向かうことができますね。あくまで、教育を受けるのはお子様です。親として、お子様にどのようなことをしているのか、話を聞いてみるといいですね。

学校以外でプログラミングを学ぶ

小学校で実施されるプログラミングについては理解できたけど、プログラミング言語や技術を学んだりしたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。 コンピューターにおけるプログラミングができれば、将来的に活かすことができます。そんな方はプログラミング教室やプログラミングが学べるアプリなどの利用がおすすめです。

プログラミング教室

プログラミング教室は、遊ぶ延長で子供が楽しく学べるカリキュラムが組まれています。能力開発系の人気コンテンツ ・パズル ・ロボット ・プログラミング が全部学べる、年長から低学年向けの教室です。自考力キッズの規模感は、加盟教室数が全国40都道府県約500教室もあり、教室によっても内容は多少異なりますが、月3~4回×60分の授業構成です。まずは体験教室への参加をおすすめします。どのような教室で、参加したお子様の反応を見てみるのが一番です。

自宅でできるプログラミング学習「embot」

自宅で気軽にできるプログラミング学習もあります。基本のロボットを組み立ててアプリでプログラミングができるおもちゃ「embot」なら楽しくプログラミングが学べます。「embot」は、お子様が自分だけのオリジナルロボットを作り、それを実際に動かすことができるというもの。スマホやタブレットにアプリを取り込み、段ボール素材のロボットと、セットになっている電子工作キットを使ってプログラミングをしていきます。遊ぶ延長上で学べるので、とってもおすすめです。

おすすめの記事